プログラム一覧

知のジムナスティックスプログラム一覧

プログラム紹介

卓越大学院プログラム

新たな知の創造と活用を主導し、次代を牽引する価値を創造するとともに、社会的課題の解決に挑戦して、社会にイノベーションをもたらすことができる博士人材を育成することを目的とした5年一貫の教育プログラム。
プログラム履修生は、所属研究科の博士課程を修了することで、学位記にプログラム修了の旨が記載されます。

生命医科学の社会実装を推進する卓越人材の涵養

生命医科学を俯瞰し、国際競争に打ち勝ち、優位性のある卓抜した基礎研究成果を挙げることができる「研究実践力」と、その自らの研究成果を迅速かつ効果的に社会に還元し、応用することができる「社会実装力」を兼ね備えた博士人材の涵養を、産学官が一体となった教育体制のもと図ります。

プログラムの特徴
  1. 主専攻型の学位プログラム
  2. 研究科固有科目+社会実装教育科目
  3. 産官学一体となった教育体制

生命医科学の研究成果を社会に実装すると、Quality of Lifeの向上、疾患の脅威の根絶、健康寿命の延伸など、豊かな社会の構築に貢献できます。そして、そこで生じた新たな研究課題の解決のために、さらに研究を進めるという研究開発エコシステムをまわすことが重要です。

本プログラムでは、国際競争に打ち勝ち、卓抜した研究成果を挙げるための「研究実践力」と、自らの研究成果を迅速かつ効果的に社会に還元していくための「社会実装力」の涵養を図ります。そのために自治体、国内外の企業と連携した独自の教育体制を取っています。この産官学の協力体制により、研究成果の優位性、発展性を学術的に分析し、その成果が有する社会実装のポテンシャルを知財、市場性、規制科学など様々な角度から的確に分析し社会実装を推進できる博士人材を育成します。

カリキュラム
5年一貫のカリキュラム
複数科目で体系的に構成
詳細はこちら
履修方法
応募の上、選抜あり
対象となる研究科・専攻に制限あり
詳細はこちら
多様な知の協奏による先導的量子ビーム応用卓越大学院プログラム

量子ビームに関わる国内外のトップ研究機関・企業との連携による多彩なカリキュラムを通じて、新たな量子ビーム応用技術を創出し豊かな健康長寿社会や安全な超スマート社会の実現を担う人材を育てることを目的としています。

プログラムの特徴
  1. 国際経験・実践の機会の提供
  2. 異分野融合・新分野開拓
  3. 経済的な支援

少子高齢化の急速な進展のもと、Society 5.0 のヴィジョンを掲げ、豊かな健康長寿社会、そして安全な超スマート社会を実現することは、我が国が取り組むべき喫緊の課題です。

この課題に分野の垣根を超えた取り組みで果敢に挑み、その中で新たな価値を創造していくことが、今、大学を始めとするアカデミアに求められています。

そのような状況の中で、加速器の作り出す量子ビームは、現代社会の課題解決のために様々な場面で応用されつつあります。本プログラムでは、放射性核種・中性子・ミューオンなど多彩な量子ビームに関わる国内外の大学、機関、企業が連携して、「次世代量子ビーム応用技術の創出を先導する人材を持続的に育成すること」を目的としています。

カリキュラム
5年一貫のカリキュラム
複数科目で体系的に構成
詳細はこちら
履修方法
応募の上、選抜あり
対象となる研究科・専攻に制限あり
詳細はこちら

博士課程教育リーディングプログラム

広く産学官にわたりグローバルに活躍するリーダーを育成するための5年一貫*の教育プログラム。
各プログラムが定める修了要件を満たし、所属研究科の博士課程を修了することで、学位記にプログラム修了の旨が記載されます。
* プログラムによっては5年一貫でない履修方法もあり。

超域イノベーション博士課程プログラム

多くの専門分野にまたがる複雑な問題や課題の解決に挑んでいくために、社会システムに変革をもたらす真のイノベーション、超えることでしか生まれない「超域イノベーション」を実現する、ハイレベルの専門力と汎用力を兼ね備えた博士人材の養成を目指します。

プログラムの特徴
  1. 企業等と連携した社会課題についての実践的なプロジェクト学習の授業
  2. 世界の中心と周辺を知る海外研修
  3. 文理統合・学生参加型のコースワーク

超域イノベーション博士課程プログラムは、大阪大学が文部科学省による博士課程教育リーディングプログラムの枠組みのもとで2012年度にオールラウンド型として開設した副専攻方式による大学院の特別プログラムです。

2018年に本学における大学院教育の将来像を展望する「大学院改革ビジョン」が制定され、従来からの「知の探求」と「知と知の融合」の教育に加えて、新たに「社会と知の統合」が展開されることになり、当プログラムがそれを担います。

プログラムでは、文理を越えた14の研究科から選抜された履修生が集い、在籍研究科での専門性の追求を基軸として、専門の“境域”を越え、ものごとの本質をみつめる俯瞰力と、未知で複雑で、困難な課題の解決に挑んでいく独創性を育んでいく独自のコースワークが展開されています。

カリキュラム
5年一貫のカリキュラム
複数科目で体系的に構成
* 5年一貫ではない履修方法もあり
詳細はプログラムの内容と特徴およびカリキュラムの概要を参照
履修方法
応募の上、選抜あり
対象となる研究科・専攻に制限あり
詳細はこちら
インタラクティブ物質科学・カデットプログラム

プログラム履修生を物質科学研究・事業における幹部候補生 (Materials Science Cadet) と位置付け、産・官・学といった幅広いセクターにおいて将来自らのスタイルで物質科学研究・事業における新たなトレンド・イノベーションを生み出す中核的な役割を担う博士人材の育成を目指すプログラムです。

プログラムの特徴
  1. 深い専門力に加え、複眼・俯瞰力、国際突破力等を研く
  2. 就職率100%
  3. 充実した履修生サポート体制

インタラクティブという語に包含される対話性・双方向性による相乗効果を基本理念に据えた物質科学教育・研究プログラムです。

基礎工学研究科、理学研究科、工学研究科より選抜されたプログラム履修生を物質科学研究・事業における幹部候補生 (Materials Science Cadet) と位置付け、化学・物理・物質合成・機能創成・物性評価・理論解析など物質科学の様々な領域・手法を専門とするプログラム担当教員が協働し、今現在クローズアップされている物質科学に関連する個々の課題を念頭におきながらも、それのみに捉われることなく、10~20年後に人類が超えていくべき課題に産・学・官のいずれの分野でも「物質科学」のセンスを持ち立ち向かえる博士人材を養成することを目指しています。

カリキュラム
5年一貫のカリキュラム
複数科目で体系的に構成
詳細はこちら
履修方法
応募の上、選抜あり
対象となる研究科・専攻に制限あり
詳細はこちら
ヒューマンウェアイノベーション博士課程プログラム

ヒューマンウェアという新たな視点から、絶えず変化する社会環境を支えるための、柔軟性・頑強生・持続発展性を有するシステムを構築できる卓越したリーダー人材を、徹底した融合研究(斉同熟議)により育成します。

プログラムの特徴
  1. 徹底した融合研究(斉同熟議)
  2. メンター制度
  3. 経済支援(研究費/旅費/授業料免除)

本学位プログラムでは、ヒューマンウェアという新たな視点から、絶えず変化する社会環境を支え、柔軟性、頑強性、持続発展性を有するシステムを構築できる卓越したリーダー人材を、徹底した融合研究(斉同熟議)により育成します。具体的には、三つのダイナミクスの包括的な理解の下で、自ら課題を設定し、グループを組織・牽引してそれを解決することにより、災害時にも自律的復旧が可能な社会ネットワークを構築し、さらに、世代や立場を超えた人間同士のコミュニケーションやコミュニティ形成を促進する人間中心の情報技術を開発することによって、イノベーションの方向を転換へと導く人材を育成します。

こうして育成されたリーダー人材の生み出すイノベーションは、ややもすれば人間や環境に負担をかけ、発展不能な複雑なシステムを構築しがちであった従来のイノベーションと一線を画するものとなるはずです。

カリキュラム
5年一貫のカリキュラム
複数科目で体系的に構成
詳細はこちら
履修方法
応募の上、選抜あり
対象となる研究科・専攻に制限あり
詳細はこちら
生体統御ネットワーク医学教育プログラム

生体統御システムを統合的に理解し、生命科学領域における融合研究を推進し、産学官においてグローバルに活躍し、難治性疾患を克服する治療法の開発を実現する次世代リーダーの育成を目指します。
※ 現在は、医学系研究科留学生特別選抜のみを対象

プログラムの特徴
  1. 異分野の研究や他者を知る能力
  2. 人的ネットワーク
  3. 行動力実践力の涵養

生命科学では、免疫・神経・再生などの分野が高度に専門化しましたが、生体システムを統合的に理解し、難治性疾患を克服するまでには至っていません。

このプログラムでは、生命科学に関する先進的研究成果をあげている研究者を、大阪大学の6研究科(医学系研究科、薬学研究科、工学研究科、生命機能研究科、理学研究科、歯学研究科)と6企業から結集し、分野の枠組みを超えた教育を行います。国際性豊かな、生命現象を俯瞰的に捉えることのできる「生体統御ネットワーク」研究者を養成することを目指します。

カリキュラム
5年一貫のカリキュラム
複数科目で体系的に構成
詳細はこちら
履修方法
現在は、医学系研究科留学生特別選抜のみを対象
未来共生イノベーター博士課程プログラム

文系・理系の研究科から選抜された学生が主専攻で専門的知見を深めると同時に、他者に対する深い理解を伴う敬意 (respect) にもとづき、共通の未来に向けた斬新な共生モデルを具体的に創案・実施できる知識・技能・態度・行動力を兼ね備えた研究者・実践家の育成を目指します。
※ 2020年度からは人間科学研究科の学修証明プログラムとして新規生を募集

プログラムの特徴
  1. フィールドワーク
  2. 社会参加活動
  3. 海外インターンシップ

現代社会では、グローバリゼーションの名のもとに、国境の壁を超えて、人・モノ・カネ・情報が絶え間なく、しかも迅速かつ大量に行き来しています。そのなかで重要な社会的要請とされているものが「多文化共生社会の実現」です。本プログラムでは、本学の文系・理系の研究科から選抜された学生が主専攻で専門的知見を深めると同時に、他者に対する深い理解を伴う敬意 (respect) にもとづき、「多様で異なる背景や属性を有する人々が互いを高め合い、共通の未来に向けた斬新な共生モデルを具体的に創案・実施できる知識・技能・態度・行動力を兼ね備えた研究者・実践家」たる「未来共生イノベーター」の育成を目指します。

本プログラムを修了した者は、国内外のさまざまな場所でトップリーダーとしての俯瞰的・独創的な立場から「未来共生」を実践する役割が期待されます。

カリキュラム
5年一貫のカリキュラム
複数科目で体系的に構成
詳細はこちら
履修方法
応募の上、選抜あり
対象となる研究科・専攻に制限あり
詳細はこちら

理工情報系オナー大学院プログラム

履修生が自らの専門分野の研究を深く追究するだけでなく、視野を広げ、異分野や新分野にも分け入っていける力を獲得することを目的としたプログラム。
9つのユニットがあり、希望するユニットを一つ選択して履修します。
所属する研究科・専攻での専門課程科目に加え、プログラムが提供する特別科目や指定する科目を履修します。

理工情報系オナー大学院プログラム
プログラムの特徴
  1. 研究室ローテーション
  2. 国内研修・海外研修
  3. 学生支援

本プログラムは、文部科学省が推進した「博士課程教育リーディングプログラム」の成果を引き継ぎ、大阪大学の理工情報系の10部局とデータビリティフロンティア機構、数理・データ科学教育研究センター、ナノサイエンスデザイン教育研究センターが一体となって運営する博士課程プログラムです。
プログラム実施にあたって中心となるのは、ユニット(理工情報系教員のバーチャル組織)です。

選抜された履修生は、いずれかのユニットを選択し、自らの専門分野の研究を深めるだけでなく、視野を広げ、異分野や新分野にも分け入っていける力を獲得するために、所属する研究科・専攻での専門課程科目に加え、本プログラムが提供する特別科目や指定する科目を履修します。これにより、卒業後に産・官・学の各セクターにおいて科学技術で社会をけん引できるような人材となることを目指します。

9つのユニットがあり、学生は、いずれか一つのユニットに所属します。

カリキュラム
前期課程2年目から4年間のカリキュラム(後期)
課程から3年間の履修も可
複数科目で体系的に構成(合計単位数が7単位)
以上13単位以下
* 別プログラムで運営されるユニットあり
詳細はこちら
履修方法
応募の上、選抜あり
ユニットによっては対象となる研究科・専攻に制限あ
詳細はこちら

大学院副専攻プログラム・大学院等高度副プログラム

複眼的・俯瞰的な視点を効果的に身に付けるために、ある学問テーマに沿った授業科目を体系的に構成した教育プログラム。
学生が主体的に関心のあるプログラムを受講する中で、異なる専門の教員や学生とともに、実社会や学問の最先端の課題に触れていくことができます。
プログラムが定める要件を満たすことで、修了認定証が交付されます。

開講プログラム数は年度により変動。(令和3年度:大学院副専攻プログラム18プログラム、大学院等高度副プログラム42プログラム)4月に開催されるプログラムガイダンスや全学教育推進機構のウェブサイトで最新の情報を確認してください。

大学院副専攻プログラム・大学院等高度副プログラム
カリキュラム
大学院副専攻プログラム
複数科目で体系的に構成(合計単位数が14単位以上)
大学院等高度副プログラム
複数科目で体系的に構成(合計単位数が7単位以上13単位以下)
履修方法
受講申請の上、該当科目を履修登録
※ 一部プログラムによっては選抜あり
詳細はこちら

Osaka University International Certificate Program

大阪大学ASEANキャンパスを活用したオンライン講義科目及び海外実習科目で構成されるハイブリッド型教育プログラム。

1年間のプログラム期間内にASEANキャンパスを設置する大学等に一定期間短期留学を行い、修了要件(6単位以上8単位以下修得)を満たした者に修了証明書を交付します。
開講プログラム数は年度により変動(令和2年度の実績:5プログラム)

Osaka University International Certificate Program
カリキュラム
複数科目で体系的に構成(合計単位数が6単位以上8単位以下)
履修方法
応募の上、書類選考あり
詳細はこちら

高度教養教育科目

高度教養教育科目は、大阪大学の教育体系の3つの柱のひとつである「教養教育」のうち、高年次を対象とした科目です。
大阪大学では、専門教育以外の学習機会を通じて身につける「複眼的かつ俯瞰的な視点」、専門教育において修得した高度な専門知識・技能を活用して実社会における課題を解決するための「高度汎用力」を涵養することを目的として、所属している研究科(専攻)・学部(学科)以外の部局が開講している科目を履修することができます。
これらの科目のうち、学部2年次秋学期から大学院までの学生を対象とし、所属の学部・研究科が指定する科目を履修・修得した場合に高度教養教育科目の単位として認定されます。

高度教養教育科目
カリキュラム
一科目単位で履修
履修方法
科目ごとに履修登録

カリキュラムや履修方法の違い

各プログラムには、分野・テーマの違いの他、単位数などの「カリキュラムの違い」や、選抜の有無など「履修方法の違い」があります。

※1 S(スペシャル)・・・特別な履修条件(学生の所属の限定、選考等)があるプログラム、または、JSTや文科省のスキームの中で提供されるプログラム
※2 博士課程教育リーディングプログラムについては、コースワーク修了認定証を発行するが、プログラムの修了には研究科課程の修了も必要となる